近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。   ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。
ホーム > 企業・採用 > 法人のお客様へ > 線路周辺で工事を行うときのお願い

法人のお客様へ

  • 線路周辺で工事を行うときのお願い
  • バー

線路周辺での工事は、事前申請が必要です。

線路周辺での工事では、作業をされる方の些細なミスや不注意で重大な事故になることがあります。
当社では、工事を予定している方に事前に当社と打合せいただくようお願いしております。 そのとき、当社から工事の安全対策を依頼させていただくこともありますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

線路近接工事の危険性と該当例

足場組立や重機作業

足場や重機が線路側へ倒れた場合、鉄道施設および列車運行に重大な影響を与えるだけでなく、線路内の高圧線に接触し、作業員の方が感電する恐れがあります。

  • 足場を使った作業
  • 重機を使った作業
杭打ち・掘削

線路近くでの杭打ち・掘削等の工事は、周辺地盤のゆるみや鉄道施設の変位につながる可能性があり、鉄道施設の崩壊や列車の脱線を引き起こす恐れがあります。 当社線路が地下にある場合もありますので、ご注意願います。

  • 杭の打設作業
  • 掘削作業
その他

施工内容次第では、以下の工事も近接工事に該当します。

  • 建物の解体・新築
  • 建物の外壁補修・塗装
  • 樹木の伐採
  • 柵や塀の設置、撤去
  • 看板類の取付・張替
  • 土木工事に伴う土留め・基礎杭・地盤改良
  • 電線・支線等の新設・撤去
  • 仮設足場の設置

ページトップへ