近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。   ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。

近鉄資料館

  • 近鉄ストーリー
  • バー

奈良電気鉄道

奈良電とは

奈良電気鉄道
クハボ600形、地上駅時代の京都駅、
昭和35年10月

昭和3年11月開業の奈良電鉄は、近鉄京都線の前身。昭和38年の合併により、近鉄の一員になるまで独自の歩みを続けました。南山城の田園地帯を、グリーンとクリームに塗り分けられた電車が1~2両で走る姿は、オールドファンには、ついこの間のように思い出されるはずです。

奈良電鉄 車両群

奈良電気鉄道
クハボ650形、
京都駅、昭和35年9月

奈良電鉄は開業時にデハボ1000形を用意。その後の増備で、昭和38年の合併時には電動貨物2両を含め10形式44両が在籍、すべて近鉄に引き継がれました。奈良電鉄の車両は数の割りに形式数が多いのが特徴であり、個性的とも、統一性に乏しいとも受け取られていました。

奈良電鉄の車両 代表車両・デハボ1000形

奈良電気鉄道
デハボ1000形、新田辺車庫
ボディには、当時人気の高かった木津川水泳場の広告が。昭和35年8月

奈良電鉄の代表車両といえるのがデハボ1000です。この車両は奈良電鉄が開業に際し製造。腰板が高く小さな窓、数多く並んだリベットが目につく、いかにも昭和初期らしいスタイルの3ドア・ロングシート車。近鉄合併後も京都線普通列車の主力として活躍し、昭和44年9月の京都線昇圧を機に全車引退しました。

奈良電鉄の車両 代表車両・デハボ1000形

奈良電気鉄道
デハボ1200形、新田辺車庫
昭和35年8月

奈良電鉄は京都・奈良を往来する観光客の利用も多いため、戦前からクロスシート車を導入、急行運転が行われていました。昭和29年10月からは特急列車を設定し、クロスシート車・デハボ1200が登場。やや車幅が狭い中型車ながら、端正なスタイルは大いにファンを魅了しました。昭和32年には、増備車としてデハボ1350が製造されました。

奈良電気鉄道
デハボ1350形、今はなき油阪駅(奈良駅のおよそ500m西にあった地上駅)
昭和36年6月

デハボ1200と1350は、わずか5両の小所帯でしたが、車内設備の優秀さを買われ、近鉄に合併後は、有料特急に格上げ されました。運転区間は京都~奈良・橿原神宮前に限定されたため、特急車としてはビスタカーの陰に隠れ、地味な存在でした が、後の京都~伊勢志摩間直通特急誕生の母体となった功績は大きいものがあります。

これらのクロスシート車も昭和49年までに特急車としての任を解かれ、4両は志摩線普通列車用に、1両は鮮魚列車用にそれぞれ転用。昭和62年、廃車しました。

奈良電気鉄道
鮮魚列車で活躍していた頃の デハボ1350形、鶴橋駅 昭和62年7月

ページトップへ