近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。   ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。

近鉄資料館

  • 路線の履歴書
  • バー

田原本線路線の履歴書

田原本線
西田原本~新王寺
10.1キロ 1,500V 標準軌

田原本駅(現 西田原本駅)、モ218 1955(昭和30)年5月30日
田原本駅(現 西田原本駅)、モ218
1955(昭和30)年5月30日

田原本線の歴史は古く、田原本鉄道として1911(明治44)年に免許を受けたのが始まりです。大和鉄道と改称して1918(大正7)年4月26日に現在の路線が開通しています。その後、路線は桜井まで延びさらに名張、宇治山田へと延長計画をたてましたが、大阪電気軌道・参宮急行電鉄との競争に破れその傘下に入りました。
大和鉄道は、1961(昭和36)年信貴生駒電鉄に、1964(昭和39)年に近鉄に合併されました。

1972(昭和47)年2月頃の大輪田駅
1972(昭和47)年2月頃の大輪田駅

開業当時は1,067ミリ軌間の蒸気鉄道で、国鉄から直通の貨物輸送も行われていました。次いでガソリンカー、木炭代燃車が登場。600V電化は大和鉄道時代の1948(昭和23)年6月15日、同時に狭軌から標準軌(1,435ミリ)に拡幅。1969(昭和44)年には1,500Vに昇圧しています。

西大和ニュータウンの玄関口として改築後の大輪田駅、1976(昭和51)年2月
西大和ニュータウンの玄関口として
改築後の大輪田駅、1976(昭和51)年2月

田原本線は王寺で接続する生駒線とともに、奈良線の小・中型車の活躍の場でしたが、1992(平成4)年3月のダイヤ改正を機に大型車の8400系3両編成が投入されました。併せて全列車でワンマン運転を実施しました。

思い出の車両 モ400形

モ400形 1963(昭和38)年3月14日
モ400形 1963(昭和38)年3月14日

1928(昭和3)年から1932(昭和7)年にかけて奈良線用として新造したデボ300形、103形、208形、211形の半鋼製車両を、1950(昭和25)年に統合してモ400形としました。車体は15メートル長の片側2扉。デボ300形、211形は正面非貫通式で片運転台、デボ103形、208形は貫通式の両運転台構造。1969(昭和44)年の電車線1,500V化の後、一部を制御車に変更して生駒線・田原本線等で運用。1976(昭和51)年までにすべて廃車しました。

ページトップへ