近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。   ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。

近鉄資料館

  • 路線の履歴書
  • バー

大阪線 後編(桜井~伊勢中川)路線の履歴書

大阪線 後編
大阪上本町~伊勢中川
109.0キロ 1,500V 標準軌

伊賀上津~西青山間の谷奥、北山、宮下トンネル付近の工事
伊賀上津~西青山間の
谷奥、北山、宮下トンネル
付近の工事

桜井~参急中川間は大阪電気軌道(大軌)の姉妹会社、参宮急行電鉄(参急)が工事を進めました。1928(昭和3)年3月全長3,432メートルの青山トンネルの掘削から着手。山岳地帯には大小16ヵ所、延長9,583メートルのトンネルを掘削、また全線で135ヵ所、延長3,633メートルの橋梁を架設し、231万立方メートルの切り土と260万立方メートルの盛り土を行うなど幾多の難工事を着々と進め、1930(昭和5)年12月20日、開通。これにより大軌と参急の相互乗入れという形で大阪~伊勢間が全通。名車デ2200系がさっそうと駆け抜けました。

単線当時の佐田(現・榊原温泉口)~大三間を行く2200系。1957(昭和32)年2月27
単線当時の佐田(現・榊原温泉口)
~大三間を行く2200系
1957(昭和32)年2月27

大阪線は、1930(昭和5)年の開通当初、名張~参急中川間41.7キロが単線でしたが、1959(昭和34)年から逐次複線化を進め、1967(昭和42)年には伊賀上津~伊勢中川間に17.9キロの単線を残すのみとなりました。この区間は大部分が急俊な山岳地帯で、その複線化は相当な難工事とされていました。

新青山トンネルを通り抜けて東青山(新)駅に向かう複線化竣工祝賀列車
新青山トンネルを通り抜けて
東青山(新)駅に向かう複線化竣工祝賀列車

1972(昭和47)年8月、伊賀上津~伊勢中川間の複線化工事に着工し、2年後の8月までに延べ9.7キロの区間を逐次開通させました。最大の難所であった新青山トンネル(私鉄最長の5,652メートル)の掘削とその前後の区間も1975(昭和50)年11月完成、着工以来3年4ヵ月の歳月を経て全工区滞りなく竣工しました。

思い出の車両 2227系

モ2236を先頭に2250系を連結した大阪線特急列車。長谷寺~榛原間 1953(昭和28)年10月11日
モ2236を先頭に2250系を連結した
大阪線特急列車。長谷寺~榛原間
1953(昭和28)年10月11日

1939(昭和14)年から1941(昭和16)年にかけて新造した半鋼製電車。150kwの大容量の主電動機を使用。車体長20メートル、片側2扉、ホイールベース2.7メートルの大型台車および転換式クロスシートを採用。1947(昭和22)年には一部の車両を除き、大阪線特急用として車内設備等の改造を行い運用しましたが、2年後には再び急行用として運用。1961(昭和36)年に片側3扉化、1981(昭和56)年のモ2237を最後に廃車しました。

ページトップへ