近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。   ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。

安全・社会・環境・広報活動

  • 広報だより
  • バー

2018年度「駅と電車内の迷惑行為ランキング」

 大手民鉄16社(東武、西武、京成、京王、小田急、東急、京急、東京メトロ、相鉄、名鉄、近鉄、南海、京阪、阪急、阪神、西鉄)をはじめ民鉄各社が加盟する日本民営鉄道協会では、2018年10月1日から11月30日までの2カ月間、同協会ホームページ上で「駅と電車内のマナーに関するアンケート」を行ったところ下図の結果となりました。

※ここ数年で急上昇した「荷物の持ち方・置き方」が1位となり、そのうち多くの人が「背中や肩のリュックサック・ショルダーバッグ等」の扱いを迷惑と感じているという結果となりました。 また、昨年1位であった「騒々しい会話・はしゃぎまわり」が僅差で2位となり、引き続き迷惑と感じている方が多いことが読み取れました。

電車や駅を利用している際、
「うれしかった」、「心が温まった」行為

「小さい子を連れて乗車したとき扉付近のスペースを譲ってくれた」や、「外国人の方が、お年寄りに席を譲っていた」などの回答がありました。
お客様の勇気と思いやりのある行動が、周囲のお客様の好感を得る様子が読み取れました。

なお、アンケート結果の詳細は、日本民営鉄道協会のホームページでご覧いただけます。

日本民営鉄道協会ホームページ
https://www.mintetsu.or.jp/

近鉄では、お客様に快適に駅や車内をご利用いただけるようマナー向上を啓発してまいります。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

ページトップへ