近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。   ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。

近鉄資料館

  • 近鉄ストーリー
  • バー

テハニ100型

過去の車両

テハニ100型
製造間もない頃のテハ1型

大正12年、吉野鉄道(現吉野線)が橿原神宮前駅~吉野口駅間の電化に際しテハ1型6両・テハニ100型2両、翌年にはホハ11型6両・ホハニ111型2両をそれぞれ川崎造船所で新造しました。いずれも木造ダブルルーフで、妻面がフラットな非貫通3枚窓。4型式とも扉、窓配置は異なってもほとんど同形態です。

テハニ100型
モ5154、道明寺駅にて昭和34年

■テハ1型6両
集電装置にパンタグラフを使用し、16m長、片側3扉の木造車。昭和18年にモ5151型に改番。戦後、鋼体化改造が行われる中、木造車のままで4両は道明寺線、御所線、2両は伊賀線(現伊賀鉄道)でそれぞれ運用。昭和35~36年に廃車しました。

テハニ100型
倉庫に転用されるモ5151
古市検車区、昭和36年

■テハニ100型2両
形態的にテハ1型と同系の客・荷物室合造車。昭和17年、モニ5161型に改番。昭和30年、1両が伊賀線(現伊賀鉄道)に転属、翌年モニ5171型に改番、昭和36年に廃車。残る1両は昭和30年、近畿車輌で鋼体化、サ5700型に改番しました。

テハニ100型
ク5423、白塚車庫、昭和32年12月

■ホハ11形6両
大軌(大阪電気軌道)に合併後の昭和8年、2両を一畑電気鉄道に譲渡。制御車化して一畑クハ102・103に改番。さらに昭和33年、クハ105・106となり2年後に廃車。また同じ33年、1両を定山渓鉄道に譲渡、制御車化して定山渓クハ501に改番。その後昭和30年、客・荷物室合造車に改造。クハニ501となり、同鉄道廃止まで在籍していました。残った3両は昭和17~18年に制御車化しク5421型に改番。伊賀線(現伊賀鉄道)・養老線(現養老鉄道)で活躍後、昭和34年に廃車されました。

テハニ100型
モ5804+サ5702+モ5803
河内松原駅付近、昭和31年2月

■ホハニ111形2両
テハニ100型と同系の客・手小荷物室合造付随車。昭和17年、クニ5431型に改番。1両は名古屋線で働いていましたが昭和34)年に廃車。他の1両は晩年伊賀線(現伊賀鉄道)にいましたが、昭和30年、サ5700形に鋼体化。その後南大阪線で活躍しましたが昭和46年に廃車となりました。

車両の近代化

テハニ100型
デ51型電気機関車とテハ201型

吉野鉄道では電化以来木造電車を使用していましたが、大阪鉄道の大型車乗入れに併せて、昭和4年に全鋼製車のテハ201形6両・クハ301形14両を川崎車両で一挙に新造しました。いずれも片隅式の両運転台車で全車貫通式。花見のシーズンなどにはMc(運転台付電動車)・Tc(制御車)・Tc・Mc・Tc・Tcの2M4Tの6連に組み使用されました。

テハニ100型
モ5211型5212、道明寺駅にて
昭和49年4月

■クハ301型14両
昭和12年、全車が名古屋線に転属。その後ク6501型に改番。このうち10両はトイレが取付けられ昭和29年、全室片運転台式に改造。残る4両は昭和34年に南大阪線にもどり、モ5211型2両と編成を組んで運用されました。名古屋線に残ったク6501型10両のうち9両は、名古屋線改軌化の際に広軌化され、その後も名古屋線で運用。1両は狭軌のままで養老線(現養老鉄道)に転属。9両のうち8両は再び狭軌化され養老線(現養老鉄道)に移り活躍の後廃車。残った1両も昭和47年までに廃車されました。

テハニ100型
養老線(現養老鉄道)で活躍するク6502
桑名駅、昭和48年

■クハ301型14両
昭和12年、全車が名古屋線に転属。その後ク6501型に改番。このうち10両はトイレが取付けられ昭和29年、全室片運転台式に改造。残る4両は昭和34年に南大阪線にもどり、モ5211型2両と編成を組んで運用されました。名古屋線に残ったク6501型10両のうち9両は、名古屋線改軌化の際に広軌化され、その後も名古屋線で運用。1両は狭軌のままで養老線(現養老鉄道)に転属。9両のうち8両は再び狭軌化され養老線(現養老鉄道)に移り活躍の後廃車。残った1両も昭和47年までに廃車されました。

現在の吉野線

テハニ100型
吉野線を走行する26000系特急車 「さくらライナー」

各型式とも、大阪阿部野橋駅から吉野駅まで直通可能となっています。さくらライナーを始めとする特急が1時間当たり1~2本、急行が2~3本運行。全線が単線。急行は吉野線内各駅停車。奈良県内の近鉄線としては唯一※運賃加算制が採られています。旧しフィ601形としました。

※運賃加算制
運賃は全乗車キロ数に応じて設定されています。
利用客の絶対数が少ない特定路線を利用した場合にのみ、運賃が加算される制度のことです。

ページトップへ