近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。   ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。

近鉄資料館

  • 近鉄ストーリー
  • バー

大鉄デニ501系

大鉄 デニ501系~おいたち

大鉄デニ501系
デニ533 橿原神宮前駅 昭和15年

近鉄南大阪線の前身、大阪鉄道(大鉄)は昭和4年、古市~久米寺(現 橿原神宮前)間の延長開通と併せて吉野鉄道への乗入れによる“あべの橋~吉野間”の直通運転を開始しました。これに伴って新造されたのが、20m大型ボギー半鋼製車デニ501系でした。日本最初の20m車で、スマートさはありませんが、その野武士のような面構えで、二上山麓や吉野川畔を走る姿は、沿線の風物詩となって人気を呼びました。

大鉄 デニ501系~4種の車両を導入

大鉄デニ501系
デニ506 藤井寺球場前 昭和12年

昭和3年、デニ501形電動車35両(No.501~535)、フィ601形制御車15両(No.601~615)が川崎車輌と田中車輌で製造されました。続いて、昭和4年から翌年にかけて、川崎車輌で新造された同系のデホニ551形手荷物室付電動車7両(No.551~557)、デホユ561形郵便室付3両(No.561~563)が増備され、合計60両を数えました。

大鉄 デニ501系~車体構造

大鉄デニ501系
デニ506 藤井寺球場前 昭和12年

外観はいずれも同形態の2段上昇窓で、窓の位置が高く腰板の広いリベット付の鈍重な車両で、スピード感のない形状です。狭軌で出力は127kw×4。デニ501形は当初扉間クロスシート車、他形式車はロングシートでした。電動車はあべの橋側が非貫通式、吉野側が貫通式。制御車はこれと反対。非貫通側の運転台を中央に、貫通式の運転台を左側に設置。客用扉はすべて手動で、MG(電動発電機)もありませんでした。昭和13年にデニ501形のクロスシートをロングシートに改造、2年後には事故で使用不能であったデニ501形3両を復旧しフィ601形としました。

大鉄 デニ501系~戦後における改番

大鉄デニ501系
モニ6657+6616+6674+6655
橿原神宮前駅 昭和26年

昭和18年大阪鉄道は関西急行鉄道と合併。翌年社名を近畿日本鉄道に変更しました。昭和22年には称号形式が改正され、デニ501形はモ6601形、デホニ551形はモニ6651形、デホユ561形はモユ6661形、フィ601形はク6671形にそれぞれ改番されました。

大鉄 デニ501系~終えん

大鉄デニ501系
ク6672+モ6604 阿部野橋駅付近
昭和27年

改番と併せて、老朽化した車体の更新工事や自動扉化、MG取付け、非貫通運転室の貫通化並びに3扉化、車内灯の蛍光灯化等の改良が行われました。外観もノーリベット平帯化し、窓も低くして一新。そして、戦後の混乱期から輸送力増強の時代にかけ活躍しましたが、旧性能のためスピード面で対応できず、ついに昭和47年から昭和50年の間に順次廃車されました。思えば半世紀近く、南大阪線・吉野線の顔として君臨してきたことになります。

大鉄デニ501系
ク6688+モ6623+モ6601
天美付近 昭和27年

ページトップへ