近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。   ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。

近鉄資料館

  • 近鉄ストーリー
  • バー

特殊狭軌
特殊狭軌(ナローゲージ)の車両

特殊狭軌とは

特殊狭軌
ナローゲージ時代の湯の山線
湯の山温泉駅。昭和34年9月。

近鉄には軌間(線路幅)の異なる3種類の線路が存在します。奈良線、大阪線、名古屋線などの1435mm(標準軌)、南大阪線、吉野線、伊賀線(現伊賀鉄道)、養老線(現養老鉄道)などの1067mm(狭軌)、北勢線、内部・八王子線(現 四日市あすなろう鉄道)の762mm(特殊狭軌)です。1067mmより軌間の狭いものを一般にナローゲージと呼びます。明治末期から大正にかけて日本各地でナローゲージの鉄道が建設されましたが、現在ではそのほとんどが姿を消してしまいました。しかし近鉄の特殊狭軌線(以下ナロー線)である北勢線(現 三岐鉄道北勢線)、内部・八王子線(現 四日市あすなろう鉄道)では、対照的に近代化が進み、まだまだ健在です。

過去に活躍した車両たち

近鉄ナロー線には、旧松阪鉄道・旧三重鉄道・旧北勢鉄道・旧三重交通、及び近鉄によって製造された車両が転用、または新造され、混用されていました。現在では車両の近代化が進み一部の旧型車を残すのみですが、廃車になった車両の一部を紹介します。

特殊狭軌
モ231、内部付近。昭和51年

旧松阪鉄道(松阪~大石ほか)の車両旧松阪鉄道で生まれたフ21・22は、三重鉄道を経て近鉄ではモ231・サ121に改称。同じくデ31~33は三重鉄道時代にモニ201~203となり、近鉄と合併後、サニ111~113に改称。

特殊狭軌
モニ212、内部線(現 四日市あすなろう鉄道)内部駅。
昭和51年9月。

旧三重鉄道の車両
旧四日市鉄道で生まれたデ51~54は、三重鉄道デ21~24を経て三重交通・近鉄時代はモニ211~214に改称。

特殊狭軌
モ241、内部・八王子線(現 四日市あすなろう鉄道)日永駅。
昭和51年9月。

旧三重交通で客車として生まれたホハ61はサ371を経て、その後電装しモ240、近鉄と合併後はモ241に改称。

旧北勢鉄道の車両
モハニ50~55として生まれた車両は、三重交通統合時、モニ221~226に改称。のち221・223がTc(制御客車)化されてク221・223と改称。222・224~226がMc(制御電動車)のままで、うち221~224が残りました。

特殊狭軌
モニ222
(後ろはサ104、全金属車)、北勢線
在良駅付近。昭和41年1月

特殊狭軌
モニ212、内部線(現 四日市あすなろう鉄道)内部駅。
昭和51年9月。月

北勢線(現 三岐鉄道北勢線)

特殊狭軌
モ271+ク171、楚原~上笠田間。
昭和52年11月。

北勢線では昭和52年から昭和58年にかけて体質改善を図り、終端駅で行われていた動力車の付け替えをやめ、総括制御ができるように在来車改造。信号方式もATS付き自動閉塞式とし、ミニ鉄道ながら近代的設備を備えた線区になりました。この北勢線近代化の花形として登場したのがモ270、ク170とその増備車モ277。切妻、両開き扉の15.6メートル車で、モ277のみは1人掛けのクロスシート、その他はロングシート車です。

ひとくちメモ
北勢線は大正2年、北勢鉄道により部分開業。 平成15年4月に、三岐鉄道に業務譲渡

内部・八王子線(現 四日市あすなろう鉄道)の現況

特殊狭軌
モ261+121+161、
日永駅。昭和58年。

内部・八王子線(現 四日市あすなろう鉄道)でも昭和57年から昭和58年にかけて、モ270を基調に軽量化したモ260や、ク160を投入。車両の近代化と総括制御化がはかられました。

特殊狭軌
1人掛け固定クロスシート。

モ260は全長15.6メートル。車内は運転台向きの1人掛け固定クロスシートで、一見バスのような雰囲気。基本構成はMc(制御電動車)・Tc(制御客車)で、中間に在来車のT(客車=全長11メートル余)をはさんで3両で運転されることが多いようです。いずれの車体も、マルーンとオレンジに塗り分けた軽快感あふれるデザイン。
内部・八王子線(現 四日市あすなろう鉄道)では平成元年6月1日からワンマン運転を開始。近鉄初のワンマン線区です。

特殊狭軌
運転台

ひとくちメモ
・八王子線は大正1年、三重軌道により開業。三重交通・三重電鉄を経て昭和40年、近鉄に合併(内部・湯の山・北勢等と共に)。昭和49年水害により、西日野~八王子間が大被害を被りそのまま営業廃止。線名にのみ「八王子」が残っています。
 (区間/日永~西日野、1.3キロ)
・内部線は八王子線より同年2ヵ月後、同じ三重軌道により部分開業。
 (区間/四日市~内部、5.7キロ)

ページトップへ