近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。   ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。

近鉄資料館

  • 近鉄ストーリー
  • バー

モ600形

昭和3年8月に大阪鉄道が吉野鉄道との直通運転用として新造した半鋼製電車です。当時の形式はデニ501形と称し、片側2扉で、わが国初の20m長の大型車でした。車内は中央部がクロスシート、出入口付近がロングシートのセミクロス式で、35両を製造しました。昭和14年にロングシート化、戦後には3扉化などの改造を行ない昭和49年まで運用しました。

モ600形
生駒~富雄間を走行中のモ605ほか3連の奈良行き急行。
昭和34年1月18日

昭和10年、大阪電気軌道が奈良線の主力車両として新造した半鋼製電車です。車体長は15mの小型で、片側2扉で片運転台と両運転台の2種類があり、片運転台の一部は非貫通式でした。昭和3年に製造したモ400形に比べ主電動機容量を78kWから112kWと大きくし、付随車を組み込んだ編成での走行が可能でした。戦後も増備を行ないましたが、昭和39年新生駒トンネルの完成に伴い奈良線車両の大型化が進められ、京都線、橿原線での運用が多くなりました。昭和44年には電車線の昇圧に対応するため、一部車両を制御車化するなどの改造を行ない、形式および車番を改めました。昭和51年までに廃車しました。

モ430形

モ430形
地上駅当時の奈良電気鉄道京都駅で
発車を待つデハボ1013。昭和27年3月5日

昭和3年、奈良電気鉄道(現京都線)が開業時に新造した半鋼製電車です。当時の形式はデハボ1000形と称し、車体は、両運転台の17m長の片側3扉で、当時カウキャッチャーが取り付けられていました。昭和38年の合併後モ430形に改称し、京都線を中心に運用しました。24両製造しましたが、貨車に転用した5両を除き、昭和44年の電車線昇圧時に廃車しました。

モ400形

モ400形
残雪の富雄駅付近を行く400系による
奈良行き急行列車。昭和38年3月14日

昭和3年から昭和7年にかけて奈良線用として新造したデポ300形、103形、208形、211形の半鋼製車両を昭和25年に統合してモ400形としました。車体は15m長の片側2扉で、デボ300形、211形は急行運転用のため正面非貫通式で片運転台、デボ103形、208形は普通運転用で、貫通式の両運転台構造としました。昭和44年の電車線1500V化時に一部を廃車するとともに制御車に変更して、形式をク300形とク550形に改め、生駒線、田原本線等で運用後、昭和51年までにすべて廃車しました。

モニ220形

モニ220形
2両固定化された晩年の姿

モニ220形
クリームとグリーンの旧塗装時代のモニ
220形。朝顔型連結器が軽便鉄道の雰
囲気を漂わせる。昭和28年9月9日

昭和6年、軌間762mmの特殊狭軌線の北勢軽便鉄道(現北勢線)が電化時に新造した半鋼製電車です。当時の形式はモハニ50形と称し、車体は長さ10.9m、幅2.0m、高さ3.1mの両運転台付、片側2扉の小型車です。運転室の後には荷物室を設けていましたが、昭和53年に客室化し、形式をモ220形に改めました。6両製造し、戦後に1両増備して7両となりました。平成4年の廃車まで約60年間運用しました。

モ200形

大正3年4月、大阪電気軌道が大阪~奈良間開業に備え、新造した木造電車です。当時の形式はデボ1形と称し、ポールによる集電方式でした。車体は15m長、片側3扉で、正面は半円形の5枚窓とし、乗降用ステップをなくした平床構造です。また、生駒トンネル付近の連続勾配を走行するため、主電動機は当時では大容量の123kWで、電気制動付でした。戦後も鋼体化改造を行なわず、橿原線、天理線等にも木造車のまま運用しました。昭和40年、モ212号をベースにデボ1形が復元され、五位堂検修車庫に展示保存しています。

モニ220形
天理線平端付近の佐保川橋梁を行く
モ200形3連。昭和29年1月17日

モニ220形
五位堂検修車庫に展示保存され
る復元されたデボ1形。

ページトップへ