近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。   ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。

近鉄資料館

  • 近鉄ストーリー
  • バー

860系

860系
860系/ク767-モ867 伊賀線(現伊賀鉄道)丸山駅~上林駅間

伊賀線(現伊賀鉄道)車両の近代化を図るため、18m車体、片側2扉の奈良線820系に、南大阪線6800系の狭軌台車、主電動機を組み合わせて、昭和59年より2両4編成を移籍しました。さらに昭和61年、奈良線800系も同様の改造を行ない、880系として移籍しました。平成5年、田原本線で運用していた820系3編成の冷房改造を行ない、860系として移籍し、880系を廃車しました。すでに伊賀線(現伊賀鉄道)所属となっている860系にも冷房装置を取り付け、すべて冷房装置付の860系となりました。

600・610・620系

600系
600系/モ601-サ551-ク501(ギャラリートレイン)養老線(現養老鉄道)美濃山崎駅付近

平成4年より南大阪線および名古屋線の冷房付高性能車を転用し養老線(現養老鉄道)の近代化を図りました。600系は名古屋線の1650系を基本に台車を狭軌化し、中間に南大阪線の6000系の中間Tを組み込んだMc-T-Tcの3両編成です。また、主電動機出力を変更したMc-Tcの2両編成もあります。610系は名古屋線の1800系の台車を狭軌化した編成と増結用Tc化した南大阪線の6850系で構成され、Mc-Tc・Tcの3両編成と600系同様に2両編成があります。620系は南大阪線の6000系Mc-M-T-Tcの4両編成のうちTを600系に転用し、中間MをT化したMc-T-Tcの3両編成です。なお、主電動機出力は3両編成では135kW、2両編成では75kWが基本でしたが、現在はすべて135kwに統一されています。平成13年に南大阪は6020系を転用した625系の投入に伴い、610系増倍用Tc2両と600系2両がさらに平成16年620系3両が廃車になりました。
平成17年から外部塗色をレトロ調をコンセプトにマルーンレッドの一色塗装に変更しています。

610系
610系/モ611-ク511-ク531
養老線(現養老鉄道)桑名駅~播磨駅間

620系
620系/モ624-サ564-ク524
養老線(現養老鉄道)大外羽駅~烏江駅間

420・430・440系

420系
420系/モ424-ク574他 山崎駅~駒野駅間

420系は昭和28年に名古屋線の特急車6421系として製造した車両です。昭和34年の名古屋線の軌間拡幅時に標準軌化し、昭和37年に3扉化とともに、座席の一部をロングシート化してセミクロスシートの通勤車としました。昭和54年に再び狭軌化して養老線に移籍しました。430系は昭和33年名古屋線初の20m車体の特急車6431系として製造した車両です。昭和34年の名古屋線の軌間拡幅時に標準軌化され、特急として運用の後、昭和40年に3扉化およびロングシート化して通勤車としました。昭和54年に再び狭軌化して養老線に移籍しました。440系は昭和33年に名古屋線通勤車6441系として登場した車両です。1460系と同じ車体で主電動機、制御装置、台車は一部モニ6231等のものを流用し、Mc-Tc10編成を製造しました。昭和54年から5編成は2両編成のまま、残り5編成はすべてTcとして養老線(現養老鉄道)に移籍しました。なお、それぞれの車番は昭和59年に3桁に改ためたものですが、養老線(現養老鉄道)車両の近代化により全車平成6年に廃車されましたが、420系の1編成が大井川鉄道へ売却されました。

430系
430系/モ431-ク591
養老線(現養老鉄道)揖斐駅~美濃本郷駅間

440系
440系/モ444-ク544-ク559
養老線(現養老鉄道)桑名駅~播磨駅間

270系

270系
270系/ク172-サ138-モ272
北勢線(現三岐鉄道)上笠田駅~楚原駅間

北勢線車両の近代化を図るため、昭和52年に270形Mc6両と、170形Tc2両を製造しました。車体長を従来の10mから15mと大きくし、ロングシート仕様で定員を75人としました。車体前面は切妻構造の非貫通で2枚窓とし、1300mm幅両開き片側2枚扉を設け、ラインデリア3台を装備しています。平成2年には1人掛クロスシート仕様の277形1両を増備し、平成4年までにワンマン化工事を行なうとともに、従来からの車両の車体更新工事も行ないました。
平成15年北勢線車両の全てが三岐鉄道へ譲渡されました。

260系

260系
260系/ク163-サ123-モ263 赤堀駅~日永駅間

内部線・八王子線(現四日市あすなろう鉄道)の開業70周年となる昭和57年、260形Mc5両と160形Tc3両を製造し、8両を廃車するとともに従来の車両の改造工事を行い、5編成14両の車両群となりました。外部塗色は近鉄標準のマルーンに側出入口部をオレンジとした塗り分けが特徴で、運転室は正面に大型の一枚防曇ガラスを採用し、運転席を中央に設けています。室内は運転室側を向いたオレンジ系モケットの一人掛けクロスシートとし、ラインデリアを採用しました。なお、平成元年にはワンマン化工事が完了しています。 平成16年から外部塗色を沿線の保育園、幼稚園のお子様のご意見を参考に「楽しく」「元気に」をテーマに1両毎に7色のパステルカラーに変更しています。

200系

200系
200系/ク202-サ101-サ201
北勢線(現三岐鉄道)大泉東駅~北大社駅間

200系車両は、元三重交通三重線(当時は特殊狭軌線で現在の湯の山線)に昭和34年に投入した車両です。編成はMc-T-Mcの3両B軸3車体連接車でした。主電動機はMcの運転台寄台車に装備し、駆動装置は垂直カルダン方式でした。昭和39年に湯の山線の標準軌化に伴い北勢線に転用し、現在はTc-T-TとしてMcを組み合わせ4両編成で運用しています。 平成15年北勢線車両の全てが三岐鉄道へ譲渡されました。

ページトップへ