近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。   ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。

近鉄資料館

  • 近鉄ストーリー
  • バー

2800系

2800系
2800系/ク2931-モ2863-サ2963-モ2813他
長谷寺駅付近

2800系は昭和47年に冷房装置付のロングシート車両として製造しました。昭和54年までの17編成のうち、2801~2804の編成はMc-M-Tcの3両編成、2812・2814の編成はMc-Tcの2両編成、残りはMc-T-M-Tcの4両編成です。なお、サ2967には昭和62年にトイレを設置しました。
平成9年より一部の編成でL/Cカー化改造とともにトイレを設定しています。平成18年2809の編成は中間Tを廃車し3両編成となりました。

2680系

8810系
2680系/モ2684-モ2683-ク2782他(遷宮号)
塩浜駅付近

2680系は昭和46年、通勤車で初の冷房装置を取り付けた4扉クロスシート車として製造しました。10000系より主電動機、制御装置を流用したので、主電動機出力125kWのMc-M-Tc編成としました。Tcの連結面寄にトイレを設けており、ユニットクーラーは1両当たり8500koal/h×5台です。昭和54年に大阪線から名古屋線へ移籍となりました。3扉転換クロスシート車5200系の登場により平成3年から車体更新工事とあわせてロングシート化工事を行いました。
1481系の鮮魚専用列車の廃車に伴い、鮮魚列車に改造された1編成を除き、平成14年に廃車となりました。

2610系

2610系
2610系/ク2712-モ2662-サ2762-モ2612他 名張駅付近

昭和47年に冷房装置付の4扉クロスシート車として登場したのが2610系で、昭和51年までに17編成を製造し、大阪線・名古屋線の急行用として運用しています。編成はMc-T-M-Tcの4両編成で、Tにトイレが設けてあります。3扉転換クロスシート車の5200系の投入により、平成3年より順次車体更新工事とあわせて座席を変更し、ロングシート車となっています。
また、平成8年より一部の編成でL/Cカー化改造しています。

2600系

2600系
2600系/モ2602-サ2752-モ2652-ク2702 塩浜駅付近

2600系は昭和45年に参宮急行時代からの2200系の置き換えのため急行兼団体用車両として製造しました。Mc-T-M-Tcの4両編成2本と、Mc-Tcの2両編成2本の4扉クロスシート車で、TcとTにはトイレが設けてあるほか、出入台の両側のシート背面に折りたたみシートを収納し、団体車として運用するときは座席定員を1両当り32人増加できるようになっています。新造時はラインデリア付きで、昭和54年から冷房改造工事を行ないました。 平成16年最後に全車廃車となりました。

2400・2410・2430系

2400・2410・2430系
2400系/モ2403-ク2503他 五位堂駅~築山駅間

昭和41年に2400系をMc-Tc編成で製造しました。1480系の2M1T編成に対し、155kWの主電動機採用により1M1T編成としました。昭和43年より空気ばね台車とラインデリアの採用により2410系となり、昭和46年より3両編成の必要性から中間Mを組み込んでMc-M-Tc編成とした2430系が登場しました。特に平坦線用に中間Tを組み込んだMc-T-Tc編成もあり、昭和48年にはMc-T-M-Tc編成も登場しています。昭和54年から冷房改造工事を行ない、あわせて昭和55年にはMc-T-Tc編成とMc-M-Tc編成を組み替え、Mc-Tc編成とMc-T-M-Tc編成にしました。昭和63年、平成3年には旧1590形、1960形、1970形をそれぞれ2430形に組み込み4両編成化していました。 2400系は平成16年を最後に全車廃車となりました。

2050系

8000系
2050系/ク2151-モ2051-モ2052 伊勢若松駅付近

昭和58年、3両編成の心要性からMc-M-Tc編成の界磁チョッパ制御車2050系を2編成製造しました。車体外形は1400系と同じ標準車体です。160kWの直流複巻電動機と共に制御方式も1400系と同じです。Mにパンタグラフ2台と制御器、Mcに界磁チョッパ装置および電動空気圧縮機、Tcに電動発電機を装備しています。

2000系

2000系
2000系/モ2020-モ2019-ク2110 塩浜駅付近

昭和54年、10100系ビスタ・カーの主電動機、台車を流用してロングシートの2000系通勤車を製造しました。同形式の主電動機を使用している1480系、2470系、2680系と同様、Mc-M-Tcの3両編成で、Mにパンタグラフ2台と制御器、Mcに電動発電機、Tcに電動空気圧縮機2台を装備しています。台車は第1・2編成のみすべて10100系より流用しましたが、第3編成からはTcのみの流用です。またク2107には昭和62年に急行運用の必要性からトイレを設置しました。平成15年から流用した台車の交換が行われています。

ページトップへ