近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。   ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。

近鉄資料館

  • 路線の履歴書
  • バー

名古屋線 前編路線の履歴書

名古屋線 前編
伊勢中川~近鉄名古屋
78.8キロ 1,500V 標準軌

昭和元年電化完成当時の伊勢電津新地駅
昭和元年電化完成当時の伊勢電津新地駅

全区間が平坦な伊勢・濃尾平野をはしる名古屋線は、近鉄では大阪線に次ぐ延長を誇る幹線路線。1915(大正4)年、一身田町(現 高田本山)~白子間を伊勢鉄道が蒸気列車で開業して以来、複雑な歴史を経て現在に至っています。

伊勢電の諏訪駅(現 四日市駅の前身)
伊勢電の諏訪駅(現 四日市駅の前身)

伊勢鉄道は開業後、逐次路線を延長して1924(大正13)年4月までに津市(津新地)~四日市間を全通。1926(大正15)年9月伊勢電気鉄道と社名を改め、同年(昭和元年)12月全線を電化。次いで1929(昭和4)年1月諏訪(現 近鉄四日市)~桑名間を開通。翌年には津新地~大神宮前間が開通して、桑名~大神宮前間で特急が運転されました。その後経営危機に陥り、1936(昭和11)年参宮急行電鉄に合併されました。

完成時の名古屋駅地下ホーム
完成時の名古屋駅地下ホーム

昭和11年創立された関西急行電鉄が、関急線桑名~名古屋間23.7キロを1938(昭和13)年6月26日開通。同時に参急線津~江戸橋間1.1キロも開通し、江戸橋を標準軌と狭軌の接続駅として上本町~関急名古屋間189.5キロが全通、同日から名阪を3時間で結ぶ日本一の長距離電車の運転を開始しました。

江戸橋駅での標準軌・狭軌の接続
江戸橋駅での標準軌・狭軌の接続

しかし、江戸橋接続は利用客や車両運用的にも不便が伴うため、半年後の12月に参急中川~江戸橋間を狭軌化、接続駅を参急中川に変更しました。なお、名古屋線の一部と山田線に並行していた伊勢電鉄は参急と合併後、参急伊勢線(江戸橋~大神宮前)に改称。長らく一つの会社内で伊勢へ2ルートという変則事態が続きましたが、1961(昭和36)年廃止、やっと1本化されました。

思い出の車両 モニ6201形

養老線(現養老鉄道)で活躍していた頃のモニ6201 1952(昭和27)年頃
養老線(現養老鉄道)で活躍していた頃のモニ6201
1952(昭和27)年頃

1928(昭和3)年、伊勢電気鉄道が新造した半鋼製電車。当時の形式はデハニ210形と称し、車体は両運転台付で伊勢電気鉄道としては初の17メートル長、片側3扉で、運転室の後には荷物室を設けています。1929(昭和4)年には養老線(現養老鉄道)へ直通運転を行い、1941(昭和16)年にモニ6201形に改称。1959(昭和34)年に標準軌化し、後に再改軌して伊賀線(現伊賀鉄道)に移籍し、さらにモニ5201形に改称。1977(昭和52)年を最後に全車廃車しました。

ページトップへ