近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。   ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。

安全・社会・環境・広報活動

  • 広報だより
  • バー

「リモートサポート付定期券特急券自動発売機」を導入しています。

近鉄では、初めてご利用になるお客様にも気軽にお使いいただける「リモートサポート付定期券特急券自動発売機」を順次導入しています。お客様はモニターを通してオペレーターと会話しながら特急券、定期券を購入できます。また、お客様に代わって操作しお手伝いすることも可能です。その他、基本的な特急券の変更や払戻しを可能とするなど、従来機よりお客様の利便性を向上させました。

1.リモートサポート付定期券特急券自動発売機による新サービス

○オペレーターが特急券、定期券などの購入をお手伝いします。
・操作に不慣れなお客様に代わって、オペレーターがリモートでボタン操作することも可能です。

○基本的な特急券の変更や払戻しが、お客様ご自身の操作もしくはオペレーター応対により可能です。
設置イメージ/リモートサポートイメージ図

2.その他従来機からの機能向上

○クレジットカード(VISA、Mastercard、JCB)や全国相互利用サービス対象の交通系ICカードで特急券を購入できます。交通系ICカードへの現金チャージも可能です。

○4カ国語(日本語、英語、韓国語、中国語〈繁体字、簡体字〉)でご案内します。

3.設置駅

大阪難波駅、大阪阿部野橋駅、近鉄四日市駅など9月末までに17駅に設置(その後も順次拡大)

秋の全国交通安全運動が実施されます

秋の交通安全運動 イメージ図

9月21日(金)から30日(日)まで、全国一斉に「秋の全国交通安全運動」が実施されます。
踏切では警報機の鳴っているときの横断や、遮断機のくぐり抜けは危険ですからおやめください。みなさまのご協力をお願いします。

ページトップへ