近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。   ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。

近鉄資料館

  • 近鉄ストーリー
  • バー

	20000系 楽(RAKU)
20000系/ク20151-モ20251-モ20201-ク20101
三本松駅~赤目口駅間

団体旅行の個性化や多様化に対応し、ビスタ・カーとして親しまれた「あおぞら」の後継車両として、平成2年に製造された「楽」。4両編成で、両端車両は2階建てで階段状の座席配置、中間車両はハイデッカー構造でワイドな展望が楽しめる設計。また、特急車両並みの時速120キロの高速運転ができる性能を持ち、当社の南大阪線と一部支線を除く主要幹線で活躍しています。

20000系「楽」 外観

外観は、頭部部分の妻面全体を直立させ、大型の正面窓を側面へ大きく湾曲させたダイナミックなスタイルで、運転席ごしの眺めが自慢です。外部塗色は上下をレモンイエローとパールホワイトに塗り分け、2階席であることを強調。また、書家・榊莫山氏による「楽」の斬新なシンボルマークと、VISTA CARマークを側面に配しています。前照灯は、運転台屋根上展望窓の両側に鉄道車両初のリトラクタブル式の補助前照灯を内蔵。テールランプ兼用の標識灯は縦型のLED灯。

20000系「楽」 シート・照明

シートは容易に方向の変えられる転換式クロスシート。シートのモケット地は格子模様で、展望席、階下席は赤色系、階下席とハイデッキ席は青色系。またシートの側袖部に「T-Bar」と呼ぶ補助シートを設置。床は出入台を除き全面カーペット敷。照明は、間接照明、グローブ灯、壁灯およびダウンライトなどを空間によって使い分け、多様な客室空間を演出しています。

20000系「楽」 車内サービス

《多目的サロン》
先頭車の連結寄りには多目的サロンを設置。
テーブル、L字形のソファシートを採用。幹事さんの控え室や、簡易な救急介護ベットとしても利用できるフリースペースです。

ページトップへ