近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。   ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。  

近鉄資料館

  • 路線の履歴書
  • バー

山田線路線の履歴書

山田線
伊勢中川~宇治山田
28.3キロ 1,500V 標準軌

伊勢の新しい玄関口として竣工した開業当時の宇治山田駅
伊勢の新しい玄関口として竣工した
開業当時の宇治山田駅

参宮急行電鉄(参急)が1930(昭和5)年3月27日、松阪~外宮前(現 宮町)間を開通させたのを皮切りに次々と区間を延伸、翌年3月17日全通となりました。同時に参急と大阪電気軌道(大軌)は相互乗り入れをスタート、大阪と宇治山田は1本のレールで結ばれました。

開業当時の宇治山田駅ホーム
開業当時の宇治山田駅ホーム

全通当時の桜井~宇治山田間の名称は参宮急行電鉄本線でした。1941(昭和16)年3月に大軌と参急とが合併し、関西急行鉄道に社名変更された際、現在のように上本町~伊勢中川間が大阪線、伊勢中川~宇治山田間が山田線に改称。1959(昭和34)年の名古屋線改軌後は、名古屋線とも直通運転が可能になりました。現在、大阪・京都・名古屋から伊勢志摩方面への特急は、すべて伊勢中川で合流して山田線に入るため、特急の姿が目立ちます。

沿線のみどころ(最寄駅)

継松寺・松阪城跡・歴史民俗資料館・本居宣長記念館(松阪)、斎宮跡・斎宮歴史博物館(斎宮)、伊勢神宮外宮・宮川(伊勢市)、伊勢神宮内宮・おはらい町・おかげ横丁・二見浦・伊勢安土桃山文化村(宇治山田)、河崎町・古市町(伊勢市・宇治山田)

思い出の車両 2200系(2227)

モ2236を先頭に2250系を連結
モ2236を先頭に2250系を連結

参宮急行電鉄の2200系車両の増備車で1939(昭和14)年から3年間に新造した半鋼製電車。ホイールベース2700ミリの大型台車、転換式クロスシートを採用し、外観も一部を変更しています。形式はモ2200形ですが、モ2227形と通称されました。1947(昭和22)年には一部の車両を除き大阪線特急用として運用されましたが、1949(昭和24)年には再び急行用として運用、1961(昭和36)年に片側3扉化しました。1981(昭和56)年のモ2237を最後に廃車されました。

ページトップへ