近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。   ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。
ホーム > 企業・採用 > 安全・社会・環境・広報活動 > 安全報告(2019年度) > 2.輸送の安全確保に関する基本的な考え方

印刷
安全・社会・環境・広報活動

2.輸送の安全確保に関する基本的な考え方

安全方針、経営理念、企業行動規範を定め、全社員に携帯カードを配付して、社員一丸となって安全意識の向上を目指しています。

安全方針

役員、社員の一人ひとりが安全に対する意識を高く持ち、それぞれの業務に取り組むため「安全方針」を制定しています。

「運転安全規範綱領」に則り、みんなで協力して安全レベルのさらなる向上を目指します。
運転安全規範綱領
1.安全の確保は、輸送の生命である。
2.規程の遵守は、安全の基礎である。
3.勤務の厳正は、安全の要件である。
携帯カード

※画像をクリックすると対応する項目にジャンプします

安全方針 法令倫理指針 経営理念 企業行動規範 携帯カード
携帯カード携帯カード

※テキストをタップすると対応する項目にジャンプします

法令倫理指針

「法令倫理指針」は、当社が法令・企業倫理を遵守するために定めた具体的な指標で、法令遵守の徹底、安全管理の徹底など全12項目を設けています。社内研修等を通じて、社内での周知を図っています。

経営理念

「経営理念」は、当社の役員および社員が共有するべき目標です。『「いつも」を支え』、『暮らしの安心を支えます』に安全への決意を込めています。

企業行動規範

「企業行動規範」は、「経営理念」で掲げた理念を企業の行動原則として具体的に列挙したもので、当社の役員および社員の行動の拠り所と位置づけています。『お客様の安全・安心を最優先します』をいちばん最初に掲げています。

安全目標 2019年度

○鉄道運転事故および輸送障害を前年度より削減する。
○責任事故を発生させない。

安全重点施策 2019年度

◆安全レベルのさらなる向上
(ソフト面)
1.運輸安全マネジメント教育の充実
2.「事故の芽」情報、事故・インシデント等の事例の収集・活用
3.社員の高齢化に対する資質の維持・管理
4.目の不自由なお客様への声かけ・見守りの励行
5.事故・自然災害・テロ等に対する対応力の強化
(ハード面)
1.鉄道防災工事の推進
2.立体交差化の推進
3.経年施設・車両の保守管理の徹底および更新
4.新型可動式ホーム柵の研究・開発および内方線整備の推進
5.天王寺運転指令の大阪総合指令室への集約による連携強化
6.扉誤扱い防止支援装置設置の推進

ページトップへ