近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。   ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。

印刷
安全・社会・環境・広報活動

7.安全への取り組み(踏切道)

①押ボタン式踏切支障報知装置 非常ボタン ②踏切障害物検知装置(従来型) ③障害物検知装置(新型) ④全方向踏切警報灯 ⑤オーバーハング型警報機

※名称をクリックすると対応する項目にジャンプします

踏切道の安全性の向上

踏切道内で自動車が立ち往生や脱輪した際などに、接近する列車の乗務員に異常を知らせるために、踏切障害物検知装置や押ボタン式踏切支障報知装置を整備しています。

押ボタン式踏切支障報知装置

踏切道内で異常が発生した場合に、押ボタンを操作することで周囲の列車に異常を知らせることができます。

①押ボタン式踏切支障報知装置①押ボタン式踏切支障報知装置

踏切障害物検知装置

従来型:光線式

送光器から発出された光を受光器で受け、踏切道内で立ち往生した自動車を光線がさえぎることで検知します。

踏切障害物検知装置(従来型)②踏切障害物検知装置(従来型)

新型:平面レーザーセンサー式(面による検知)

平面式レーザーセンサーから発出されたレーザーが踏切内の対象物を照査することで検知します。新型は検知エリアを平面にすることで、従来型より、検知可能な範囲が広くなります。

踏切障害物検知装置(新型)③障害物検知装置(新型)

全方向踏切警報灯の設置

踏切道を通行する通行人や自動車等を運転する方への視認性向上のために、あらゆる方向から警報状態を確認できる全方向踏切警報灯を、2017年度末現在で254踏切に設置しています。今後も踏切道の形状等を考慮して設置を進めます。

④全方向踏切警報灯④全方向踏切警報灯

オーバーハング型警報機

遠くから踏切の存在が分かるように、高い位置に全方向踏切警報灯を取付けています。

オーバーハング型警報機⑤オーバーハング型警報機

踏切道の遮断時間の適正化

速度の速い通過列車と速度の遅い停車列車で、踏切道の警報を開始する地点が同じであった場合、停車列車が踏切道に到達するまでの時間が長くなり、踏切道の遮断時間が長時間になってしまいます。当社では列車の種別を選別する装置を踏切道用に設置し、通過列車と停車列車で警報を開始する地点を変化させ、踏切道の遮断時間の適正化を図っています。

警報開始地点を変化させ待ち時間を解消

踏切道解消の推進

関係自治体と協力して、2017年度には3箇所の踏切道が立体交差化や踏切道の統廃合により減少しました。
現在、奈良線八戸ノ里・瓢簞山間、名古屋線川原町駅付近、名古屋線伏屋駅付近などで立体交差化工事を行っています。

名古屋線伏屋駅付近立体交差化工事名古屋線伏屋駅付近立体交差化工事

ページトップへ