近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。   ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。

印刷
安全・社会・環境・広報活動

3.安全管理体制と方法

安全管理体制

2006年10月の鉄道事業法等の一部を改正する法律の施行に伴い、輸送の安全の向上を目的として、安全管理規程を制定しました。同規程では、輸送の安全を確保するための基本方針を示すとともに、鉄道および索道の安全を統括する安全統括管理者を定め、鉄軌道・索道事業の各分野における安全の確保に関する責任者の役割、権限などを定めています。

安全管理体制図(鉄軌道)(2020年7月現在)
安全管理体制図(索道)(2020年7月現在)

安全推進委員会等の開催

「安全推進委員会」を開催して、安全方針に基づく「安全重点施策」等の策定および見直しを図っているほか、「鉄道事故・災害防止対策部会」において、事故・自然災害などに関する事項を総合的に審議して、有効適切な対策を策定しています。

内部監査の実施

運輸安全マネジメントの一環として、年1回内部監査を実施し継続的な安全性の向上を図っています。

現業職場巡視

社長、安全統括管理者をはじめ、鉄道部門管理職などは適宜、鉄道の安全を支える現場を巡視し、現場の取り組み状況を確認するとともに、輸送の安全の確保などについて意見交換を行い、安全管理状況の確認を行っています。

社長(手前右側から3人目)による現業職場巡視社長(手前右側から3人目)による現業職場巡視

事故、「事故の芽」情報の活用

実際に発生した事故の原因調査や再発防止策の策定のほか、事故に繋がる恐れのあるインシデントや輸送障害の原因や対策を情報共有するとともに、社員が体験した「ヒヤリ・ハット」や「社員の気付き」などを集めるしくみを職場に導入し「事故の芽」情報の収集に努めています。さらに収集した「事故の芽」情報の具体的な事象を共有化し、教育教材として使用したり分析結果を設備投資計画に反映することにより、事故の発生防止に努めています。

「事故の芽」情報事例活用掲示物「事故の芽」情報事例活用掲示物

「事故の芽」情報による改善例

事故の芽
一般車両に乗車中、座席表布張替工事を行なった座席の「らくらくコーナー」部の肘掛部分の色が張替えした座席表布の色と同色であるため、お客さまが着席時に肘掛部分を認識せずに座られる様子を見て、ケガをされると思いヒヤリとした。
事故の芽① 座席表布と肘掛が同色系で認識しにくい
<対策>
「らくらくコーナー」部肘掛のゴム部分の色を変更して、識別出来るようにしました。
事故の芽① 対策 肘掛を黒色に塗替え

運輸安全マネジメント社内表彰

事故の未然防止に顕著な効果が認められる「事故の芽」情報を報告、または「事故の芽」情報に基づく事故防止対策に尽力し、あるいは運輸安全マネジメントの推進を図るうえで、特に優れている取り組みを行い、輸送の安全確保に顕著な貢献があったと認められる社員または職場に対して表彰を実施しています。

新入社員研修(東青山駅構内列車脱線事故現場)運輸安全マネジメント表彰

当社社員による他社線利用時の重大事故未然防止事例(パンタグラフ破損発見)

  • ① 2019年3月18日(月)午前7時15分頃、企画統括部技術管理部(当時)の山井社員は、通勤途上の西日本旅客鉄道㈱万葉まほろば線柳本駅ホームで、JR難波行快速列車が到着した際、前から4両目の屋根にあるパンタグラフが大きく破損しているのを発見しました。
  • ② 山井社員は、「このまま走行を続けると架線断線などさらに被害が拡大するかもしれない。」と判断して、車両の状態を車掌に説明したところ、同社乗務員は直ちに車両点検を実施しました。
  • ③ 乗務員から車両点検の結果を受けた同社は、快速列車の運転を取り消し、バスで振替輸送を実施しました。
  • ④ 後日、山井社員は、事故防止の功績により、同社から感謝状を授与されるとともに、当社においても、他社線利用時の事故未然防止として表彰しました。
パンタグラフが破損した西日本旅客鉄道(株)の車両
西日本旅客鉄道(株)の感謝状西日本旅客鉄道㈱の感謝状
>

ページトップへ