近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。
■Internet Explorerの設定方法 (1) Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。 (2) 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。  ↓ (3) [セキュリティ]をクリックします。  ↓ (4) AまたはBの方法で、セキュリティレベルの変更を行います。  A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。   セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 ※ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されています。  B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。   「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]   の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。   [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。  ↓ (5) [インターネットオプション]の、[OK]ボタンを押します。 ■Safariの設定方法 (1) メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。  ↓ (3) [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。  ↓ (4) 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。   ■Chromeの設定方法 (1) メニューの[レンチマーク]をクリックし、[オプション]を選択します。 (2) 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。  ↓ (3) プライバシー項目の[コンテンツ設定]ボタンを押します。  ↓ (4) JavaScriptの[すべてのサイトでJavascriptの実行(推奨)]にチェックを入れます。  ↓ (5) 「オプション」ウインドウを閉じます。

近鉄資料館

  • 路線の履歴書
  • バー

志摩線路線の履歴書

志摩線
鳥羽~賢島
24.5キロ 1,500V 標準軌

1955(昭和30)年当時の志摩線鳥羽~中之郷間。この付近は1970(昭和45)年に線路を海側の埋立地に移設
1955(昭和30)年当時の志摩線鳥羽~
中之郷間。この付近は1970(昭和45)年
に線路を海側の埋立地に移設

志摩線の歴史は古く、1929(昭和4)年7月23日、志摩電気鉄道により鳥羽~真珠港間全線を開通。当時の軌間は、国鉄(現JR)と同じ1,067ミリ、電圧は750V。賢島~真珠港間では貨物列車のみが運転されていました。1944(昭和19)年、三重交通志摩線となり、1965(昭和40)年には合併により近鉄の仲間入りを果たしました。

鳥羽~中之郷間 鳥羽港の一部を埋め立て、線路を約1キロ海側に移設
鳥羽~中之郷間
鳥羽港の一部を埋め立て、
線路を約1キロ海側に移設

万国博覧会関連事業として、鳥羽線の建設と同時進行の形で志摩線の改良工事を実施。全線を標準軌化(1,435ミリ)、電圧も1,500Vへ昇圧、急曲線など8カ所の線形改良を行い、1970(昭和45)年3月に完成しました。

複線化工事中の志摩神明~賢島間
複線化工事中の志摩神明~賢島間

末端のローカル線であった志摩線は、近鉄との合併後、数年の間に特急運転路線に生まれ変わりました。しかし、単線のため、列車の増発や増結、スピードアップには限界がありました。このため、1986(昭和61)年から逐次複線化が進められ、現在では延べ4.3キロの区間を残して複線化が完了。また、賢島~真珠港間0.3キロは1969年(昭和44)年7月1日廃止されました。

複線化された鵜方~志摩神明間
複線化された鵜方~志摩神明間

思い出の車両 モニ5921・モニ5922

船津~加茂間、1968(昭和43)年、モニ5921-モニ5922、志摩電気鉄道創業時から生え抜きの車両
船津~加茂間、1968(昭和43)年、
モニ5921-モニ5922、
志摩電気鉄道創業時から生え抜きの車両

志摩電気鉄道が創業に際して新製した車両。半鋼製車で、妻面は非貫通3枚窓、賢島寄に荷物室、深い屋根、高い位置にある下降窓など、ローカル線にピッタリしたスタイル。一見して昭和初期の地方鉄道とわかる風貌です。1969(昭和44)年12月、共に廃車。

ページトップへ