新卒採用サイト 近畿日本鉄道

運輸の仕事

運輸の仕事について

近畿東海2府3県を縦横に結び
私鉄最大級のスケールを誇る当社の鉄道事業。
その会社の顔として、お客様にもっとも近いところで働き、
安全で快適な運行をお届けする仕事です。

乗務員の仕事

強い責任感と使命感で、安全・安心・快適の要となり、人々の生活を支える。
  • 乗務員の仕事運転士
  • 乗務員の仕事車掌

当社線をご利用になる1日平均約156万人のお客様の命をお預かりし、安全に目的地までお運びするのが運転士や車掌です。
安全・安心・快適にお客様をお運びするため、日夜基本動作の遵守と、細心の注意が必要な仕事です。
運転士は、列車の運転はもちろんのこと、異例事態が発生したときは、現場で車両の点検・処置も行います。
車掌は、車内放送や扉の開閉、巡視等を行い、車内秩序の保持に努めます。

駅の仕事

お客様の心に響くサービスを届けます。
  • 駅の仕事改札業務
  • 駅の仕事出札業務

改札口でお客様からのお問い合わせ対応などを行う改札業務。
窓口で特急券や定期券などの発売を行う、出札業務。
ホームで行き先のご案内や安全を確認する、案内・列車扱業務。
駅の仕事の多くは、直接お客様とふれあいサービスを提供する最前線の仕事です。
細やかな目配りとおもてなしのサービス精神が基本となります。
また、お客様をおもてなしする以外にも、鉄道従事員として列車の安全な運行を支えるのも重要な業務。
机上や実地での訓練を実施することで、大規模災害等の発生時に、迅速に処置できるよう備えます。

助役の仕事

安全とサービスの向上を図る職場の管理監督者。
  • 助役の仕事列車区助役
  • 助役の仕事駅助役

職場長を補佐する助役は、部下の指導や育成を行い、職場を統率する重要な役職です。
駅係員が所属する駅の助役は、お客様応対、構内巡視、券売機の締切立会い等を行います。
乗務員(運転士・車掌)が所属する列車区の助役は、乗務点呼、訓練、添乗指導等を通じて、
事故防止・安全輸送・お客様サービスの向上を図っています。

キャリアステップと
研修体系について(運輸部門)

当社では、駅係員を一定期間経験後に、車掌登用試験を受けることができます。
また車掌を1年間経験すると運転士登用試験を受けることができるようになります。

意欲・実力次第で経営層を目指すコースへの転換制度もあります。

キャリアステップ